身体への攻撃 3 (痒み)

被害者の方なら、体を痒くされるのは、
よくあることと思います。


これは子供の体ですが、
赤く、地図状に、盛り上がったものが、
いくつもいくつもあります。


これが突然現れ、猛烈に痒く、
掻き毟るのですが、
しばらくすると、嘘のように治まり、
跡形もなく消え去っています。


まだこの被害に気付いてなかったので、
医者に行き、かゆみ止めの軟膏と
二週間分の飲み薬を出してもらいました。


加害でやられているので治るわけもなく、
再度受診すると、医者は不思議そうな感じで、
今度はひと月分の薬を出してきました。
(自分由来の痒みなら、二週間もあれば、
治るということでしょう。)


これを繰り返すのですが、確か2度目の時に、
病院横の調剤薬局で、
「薬のパッケージが変更になった。中身の薬は同じものです。」
と言われました。


今思うとこの時の薬は正規品ではなく、
混ぜ物がある模造品だったと思います。

まさか薬局で、おかしなものを渡されるなどとは
思いもしないのですが、実際にはあります。


ブログ「私は隠れ癌患者」さんの
2016年10月25日の記事は、
「発癌物質入り医薬品は印される文字列に違いが。
偽医薬品が薬局で堂々と渡される事例が頻発」
です。


また、「佐藤 田中」と名乗る加害実行犯はツイッター上で、


打錠機、錠剤機で作る毒入り偽造薬を被害者に飲ませ、
毒ガス同様の加害をします。
被害者が持病や、長期の投薬が必要な場合、長期間確実に
毒物を摂取させます。


と言っているのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿